今日のビールのお共は何にしますか?ズボラレシピのご広報だ。

今日は、重労働で連日タップリ汗をかいて掛かるダディーのビールのおつまみに、
「塩味きんぴらぶり」を作ります。
面倒が大嫌いな僕流の作り方をご提示。
エキス:牛蒡、塩気、旨味の素、ごま油、すりごま。※体積はお好みで
(ツール材はお好みで増やしてもいいかもだ)
それでは、牛蒡の皮むきなんですが、包丁なんて使いませんよ!
【安心魅力その1】
アルミホイルで牛蒡を包み込むように、ゴシゴシ行う。
アルミホイルが勝手にグチャグチャになるので、その差で皮が剥けます。
土臭さが苦手なお客様は必ずゴシゴシ!
薫りを記したいお客様は、ササットでOKです。
次はささがき。
うん、また包丁は活かしません。
【安心魅力その2】
ピーラーを使います。牛蒡をグルグル回しながらシュッシュッっとやっていきます。
ささがきになった牛蒡を水に10食い分ほどさらしてから、水を切ります。
フライパンに牛蒡を入れ、ひたひたになるくらいのお水って塩気小匙1ぐらい(疎か)を入れて10食い分前後煮ます。(僕は灰汁が苦手なのでどうにもちゃんと煮ますがこれも適当でOK)
先ず、ザルに上げて潤いを切ります。
もうおんなじフライパンに牛蒡を注入し、ごま油(適量)旨味の素小匙1ぐらい(疎か)を入れ炒めます。味見を通して足りないようなら塩気で調整し、火を止めてからすり胡麻をまぶして出来上がり。
【少々雑学】
普通のごま(つぶつぶのままの人)は全身で消化できず、引き続き体外に排出されるそうなのですり胡麻としてます。
限り

冷たくなっても喜ばしいので、夏にはピッタリですよ。
善悪、お試行を!キレイモ 回数制