参議院の選挙の投票に朝早く行ってきました

今日は朝方6ポイント過ぎに起きました。
雨戸を開けて網戸にしておきました。
ラジオを聞きながらいつものパンの朝食だ。
婆さんとカミさんは依然として起きてきません。
身支度をして、ガラス戸に鍵をかけて、投票のフォームを持って7ポイント15分け前に出かけました。
通りを渡って、窓口通りの登りメニューを登っていきます。
投票を済ませた輩と何人もすれ違います。
犬の散策をやるお客も時にいます。

自転車の高校が抜かしていきます。
ハイスクールにつきました。
お姉さんがいらしゃいませと迎えてくれました。
フォームを出して18年齢になりましたと言ったら、笑って投票フォームをくれました。
最初は議員のタイトルを記入しました。
その後に比例区だ。これは政党名称を記入します。
これで投票は終わりました。
選挙の立会お客には町内の近くは誰もいませんでした。
もっとジェネレーション交代をしたのでしょう。
次から次へと投票やるお客がしまう。
今年は冒頭がいいのかと思いました。

表に出てみるとアクセスの悪賢いお婆さんが来ていました。
夫でしょうかね、男の人が輔佐をしていました。
お家も婆さんがいますが、車がないので、連れていくことができません。
そういった輩に援助してくれるお客がいれば投票ができるのにと思いました。
一人身のお爺さんもいます。このフォルムも位置付けるらなってきたのではと思いました。

うちのカミさんも長い距離はぐっすり歩けないので、区役所で締切り前の投票をしてきました。
歩けない人によっては選挙のためのサービスが必要だと思った次第です。アメックスプラチナ審査