連中頃における交際が禁物視陥る意図を、只私たちは最後まで理解することができなかった

身は見事に墓穴を掘った。身とM・Tは両人疑心暗鬼になっていた。
(……考え過ぎだよ、お前。わかった。己が悪かった。こういう談話はこれで終わりにしよう)
 お互いの言い分が図星だったとしても、そうでないにせよ人の本音など当人ですら思い付か品物なのかもしれない。
 M・Nはまだ熱弁を奮っていた。
「先程も言いましたがロマンスなら他で下さい」
 S・KとM・Tは揃いも揃ってM・Nに突っぱねられてしまった。S・Kの実態とM・Tの英知をもってしても、M・Kの道場の手堅い形式には太刀打ちできないらしき。人前とはなぜこんなにも窮屈のだろうか。身には一団ひとつにおける巧み勝手な不文律というのがぐっすり理解できなかった。
「それが健全なものであってもだめか?」
 またとない転機です。ここは私も思い切って質問を投げ掛けて見る。
 大勢の沈黙に包まれる間、M・Nは少々のあいだ脳裏を捻って考え込んでいた。
(あそこにいらっしゃる二人、己の幼馴染です)人気酵素ダイエット